MENU

 若い女子大生と知り合った、これだけでも私としては大満足の結果といえるでしょう。
遊んだ経験のない私がいきなり、結構年齢の離れた若い女の子とのやりとりを楽しめているのですから。
LINEで軽いエロチャットから初めて行ったのですが、順調に交流を進めることができて、通話に持っていくことにも成功しました。
若くて可愛らしい声を聞くだけでも心臓が激しく動きまくってしまっていました。
ちょっとずつ陽菜ちゃんにエッチな話をしていくと、彼女も嫌がらずに受け入れてくれたのでした。
そして陽菜ちゃんにオナニーをさせていきました。
軽めのオナ指示を出し相手の心をしっかり刺激していきました。
「恥ずかしいけど、とってもいっぱい濡れちゃってて…」
「ビラも広げてしまおうか」
「はい…見られているみたいで…すごく恥ずかしいです」
「クリちゃんも硬くなっているの?」
「うん、コリコリしちゃっている」
「いっぱい触ってみようか」
「うん…っは…あっ…ダメェ…いい」
しっかり感じてくれる陽菜ちゃんに興奮が激しくなってしまいました。
その日彼女をしっかり絶頂に持っていき、私自身も射精しました。

 

 陽菜ちゃんとの通話は、その後も定期的にやっていくようになっていました。
お互いにかなり信頼関係を作ることができて、週に1回会話を楽しむようになっていました。
彼女は指示に素直に従ってくれてオナニーをしてくれるのです。
そしてやっと、ビデオ通話をすることになりました。
陽菜ちゃんがその美しいボディを披露してくれたのです。
さすがにこれは刺激がたっぷり過ぎてしまって、心臓のバクバクは危険なほどになっていました。
私自身も陽菜ちゃんに見せてあげることにして、生まれて初めてのオナニーの見せ合いになりました。
自慰姿で2人とも大興奮、いつも以上の激しく淫らな快楽を味わい尽くしていくことができました。
「オチンチン見て頭がおかしくなりそうで…」
素直な彼女に何だかまたまた感激させられてしまったという感じでした。